全日本サッカーの大迫のゴールで注目を浴びた人物・・・

最近は梅雨で毎日ジメジメしてて本当に嫌になりますねー汗

 

今日は仕事とは関係ないのですが…

趣味で久しぶりに商品ではない(売り物じゃない)グラスを作ってみました・・・笑

 

最初から話すとちょっと長くなるのですが…

現在、巷では西野JAPANがグループリーグを突破できるか出来ないかで

応援に熱が入ってきておりますよね!!

 

私のサッカー好きの友人達も、

日本が試合の日はいくら深夜であろうと毎回見て応援しているみたいですもんね…笑

 

そんな中、2018年6月19日のコロンビア対日本の試合後に

最近ひょんな事からネットに出るようになった

全く全日本と関係ない人物をご存知でしょうか?笑

 

それはこの方↓↓↓↓↓

大迫半端ない本人

 

概要半端ないって
事の発端は2008年12月から行われた第87回全国高校サッカー選手権大会に遡る。

当時18歳だった大迫は鹿児島城西高校の選手として大会に参加。結果は準優勝に終わったが、大迫自身は大会で歴代最多得点となる10ゴールを記録し、サッカー界から大きな注目を浴びることになった。

この時、準々決勝で鹿児島城西高校に敗れた滝川第二高校のDF兼主将である中西隆裕は試合後のインタビューで悔し涙を流しながら「大迫半端ないって(以下略)」とチームメイトや監督と共に大迫を絶賛。敵ながら天晴れと褒め称える中西の裏表ない実直さと半端ない顔芸、監督と選手の隔たりなく和気藹々とした滝川第二の雰囲気の良さはメディアを介して全国のサッカーファンに知れ渡り、去る1月13日に鹿児島のアミュ広場にて行われた準優勝記念の生放送でもこの中西のコメントが流れ、大迫本人をはじめ広場に集まった約2000人がその発言に癒された。

そして、大迫が日本を代表するプロサッカー選手に成長すると「大迫半端ないって」という言葉の知名度も比例して上昇。2013年には中西選手をモデルにした「半端ないって」Tシャツが販売され、数千枚を売り上げたという。だが、あくまで言葉の知名度はサッカーファンの間に留まり、サッカーに興味のない一般層にまで浸透してるとは言い難い状況だった。

しかし、2018FIFAワールドカップを機に事態は一変することになる。

 

2018FIFAワールドカップにおいて
2014年に引き続き2大会連続でワールドカップの日本代表に選ばれた大迫。しかし、大会前の日本代表の下馬評は最悪の一言であり、前大会以上に惨めな結果に終わる雰囲気が国内に蔓延していた。それには以下の要因が挙げられる

日本代表監督ハリルホジッチ氏が大会の2ヵ月前に突如日本サッカー協会の判断で解任される。後任には西野朗氏が選ばれたが、残りの準備期間で新たな外国人監督を据えるのは難しくやむを得ない人事、という見方が多数であり、西野氏も2015年末に名古屋グランパス監督を退任して以降は指導者として目立った実績がないことも世間から不安視される。
その西野氏が選出した日本代表メンバーの平均年齢は過去最高の28.3歳。近年活躍した若手よりも、過去の経験・実績を重視しベテラン勢を多く起用するというハリル氏とは大きく異なる方針を取った。しかし、監督交代後に行われたガーナ・スイスとの国際親善試合では共に2-0で惨敗。本戦直前に行われたパラグアイ戦は4-2で勝利するが、国内の敗戦ムードを払拭するには至らず。世間からは「おっさんジャパン」「忖度ジャパン」などと揶揄されることに。
2大会連続で日本代表に選ばれた大迫だが、この時既に大迫もベテランの域に差し掛かる28歳。前ブラジル大会でもFWとしてスタメン起用されるが、ゴール・アシストに絡めず結果を残せなかったことから、前大会ほど大きな期待は寄せられていなかった。
グループリーグ初戦の相手はコロンビア。FIFAランキング16位、前ブラジル大会では日本を4-1で破りベスト8に進出した強豪国であり、過去一度も日本は勝利したことがなかった。また、同グループのポーランドとセネガルもランキング上では日本より格上の存在。(そもそも日本のFIFAランキングは出場国中ワースト3である61位。対戦国ほぼ全てが格上の存在といっても過言ではない状況だった。)
コロンビア戦の前日である2018年6月18日、大阪北部地震が発生。選手に直接の被害はなかったものの、メンタル面でのコンディションに影響が出ないか国内外から不安の声が上がる。
…と、まさに四面楚歌。これでもかと言わんばかりに不安材料が揃っている絶望的な状況だったため、海外メディアからの評価も著しく低く、日本は一勝も出来ないままグループリーグ敗退を予想する声が噴出していた。

だが、その最悪な下馬評を吹き飛ばし日本はコロンビアに2-1で勝利した。
そして、その試合で最も活躍したのは大迫勇也であった。

2018年6月19日、サランスクで行われたグループリーグH組第1試合・コロンビア戦にFWとして先発出場した大迫。そこで彼が関わった主な活躍は以下の通り。

前半3分。スルーパスに抜け出した大迫がGKオスピナと1対1になりシュートするが、オスピナに惜しくも弾かれる。しかし、こぼれ球をMF香川が拾い再び強烈なシュートを放つ。このシュートはコロンビアのMFカルロス・サンチェスが伸ばした右手に当たりPK獲得。サンチェスはレッドカードで一発退場となった。香川は無事にPKを決め先制点を奪取。以降、サンチェスを欠いたコロンビアは10人でのプレイを余儀なくされる。
1-1で折り返した後半。同25分に西野監督は香川に代わってMF本田を投入。その3分後に本田のCKから大迫がヘディングシュートを決め勝ち越し点を獲得。
流れを変えたいコロンビアは後半12分からエースのMFハメス・ロドリゲスを投入し猛攻を仕掛ける。後半33分にハメスがシュートを放つがこれを大迫がスライディングでブロック。この時大迫がブロックしなければ、GK川島の位置取りから考えてシュートが入っていた可能性が高く、決まれば日本は同点に追いつかれていた。
このように、大迫は終始チームの攻撃を牽引すると共に、守備でも果敢に相手の攻めを防ぎピンチを阻止することに成功。まさに半端ない活躍を果たし、日本を勝利に導いた立役者としてその名を全国に轟かせた。

この予想だにしなかった日本の勝利を一夜明けた29日に国内のメディアは大々的に報道。その際、各テレビ局のアナウンサーたちも何度も「半端ない」の言葉と共に大迫と日本代表を絶賛。例のインタビュー映像も繰り返し放送されることになり、大迫のみならず中西の知名度もかつてない勢いで上昇する事態となった。当然の如くネット界隈も大いに賑わい、Twitterでは「大迫半端ないって」がトレンド入りを果たし、「大迫半端ないってbot」(アカウント登録自体は2013年に行われた)のフォロワー数も倍増。ニコニコ大百科でも急上昇ワード1位の記録を2018年6月19日以降保持しつつある。

引用元
http://dic.nicovideo.jp/a/大迫半端ないって

 

その時の実際の動画がこちらです

↓↓↓↓↓↓↓

 

その中西君の顔を誰かがイラストにおこします・・・

そのイラストがこちら・・・

 

大迫半端ないイラスト

 

 

このイラストがこのコロンビア戦の後にネット上でまた盛り上がったのですが…

それを見た私のインスタ友達が、こんな記事を投稿していたのですが…

 

大迫半端ないインスタ

 

↑この投稿でカッティングシートを自作しているという記事を見た俺は・・・

『俺が作ったらもっと凄いの作れるな~~』と思い…

軽く職人魂に火が付き…笑

 

実際に作ってみたら…

 

大迫半端ないグラス

 

 

ビビるぐらいクオリティーの高いグラスになりました…笑

 

せっかく作ったので…

俺の友達で全日本の熱狂的ファンの友人と、

このグラスを作るキッカケになったインスタを投稿していた友人に

プレゼントしたいと思います…笑

 

 

この画像をインスタ上に投稿したら

作ってくれ…

これほしい…

とお問い合わせを多数いただきましたが…

 

これは売り物にはできないものですので

このグラスに関するお問い合わせは

すべてお断りさせていただいております…笑

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ記事

ピックアップ記事

2016-2-8

グラス体験彫刻!!!

ページ上部へ戻る